広島の旅(2)~平和記念公園編~

宮島から再び広島駅に戻ってきたあとは

路面電車に乗り換えて平和記念公園へと向かいます。

一度、丹下健三が設計した平和記念公園と平和記念資料館を

見てみたかったんです。

丹下健三は20世紀を代表する建築家で、

代表作は東京都新庁舎、フジテレビ本社ビル、国立代々木競技場など。

丹下健三を知らなくても、これらの建物は目にされたことのある方も多いはず。

そんなわけで丹下建築をじっくり堪能しようと思っていたのですが、

原爆ドームを見たら、その衝撃で丹下建築がどうでもよくなってしまいました。。。

Img_9867

こんなに心を揺すぶられたのは久しぶりかも。。。

Img_9870

アウシュヴィッツ強制収容所と同様、負の世界遺産と呼ばれる建造物。

1945年8月6日午前8時15分、アメリカのB-29爆撃機「エノラ・ゲイ」が

原子爆弾を投下し、原爆ドームの東150m、上空600m地点で炸裂。

そして20万人を超える人々が亡くなりました。

広島県産業奨励館(原爆ドーム)に勤務していた職員は全員即死したそうです。

原爆ドームは教科書やテレビを通じて何度も見ていて、

なんとなく戦争のことを知った気になっていたけど、

実際、69年前に広島で何が起こったのか、まったく分かってなかったなと反省。

たぶん同じように東日本大震災についても何も分かってないんだろうなぁ。。。

Img_9882

原爆ドームを見たら、もっと戦争のことを知りたいと思うようになり、

閉館ぎりぎりで平和記念資料館へと駆け込みました。

Img_9888

原爆投下時刻で止まった時計

Img_9897

石段に残る人の影

Img_9905

他にも被爆再現人形や数多くの写真、映像があり、

戦争の悲惨さがものすごく伝わってきました。

戦争の集結から69年たった現在でも、

核抑止力という論理のもとに核開発が進んでいるのは本当に悲しい。

世界中の人に一度広島を訪れて欲しいです。

Img_9914

2014-01-11 | Posted in 06.建築, 17.国内旅行No Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA