京都鉄道博物館

息子と京都鉄道博物館に行ってきました。

11月の3連休中の京都はめちゃくちゃ混むので、

10時の開館と同時に入って早めに帰ろうと目論んでいたのですが、

2歳児と一緒でそんなうまくいくわけもなく…。

急行電車で京都に向かってたら、息子が「電車降りる!」と愚図り出して、途中下車。

そして各停電車でゆっくり行ってたら京都に着いたのが10時前…。

それから梅小路公園で遊んだりして、鉄道博物館に着いたのが11時半…。

でも、梅小路公園がとてもよかった。

初めて梅小路公園行ったんだけど、子供にとってはたぶん天国のように楽しいと思う。

息子がローラーすべり台をすべりたいと主張してきたけど、

対象が6歳以上なので、一緒についてすべってあげたら、

すっかり気に入ってしまい、何度もすべらされた。

ローラーすべり台…楽しいけど、何度もすべるとおしりが痛くなるんですよね…。

梅小路公園が楽しすぎて、「新幹線とか機関車見に行く?」と聞いても、

「いかない!あそぶ!」の一点張りだった息子も、

鉄道博物館に入って、新幹線を見つけると、

「うわぁぁぁぁぁ!やったぁぁぁぁぁ!」と猛ダッシュしていってたので、

まぁ、なんとか頑張って連れてきた甲斐がありました。

そして、息子は電車に夢中になる余り、宝物「トミカのゴミ収集車」を即紛失した。

(遺失物届を出したら2時間後に発見したと連絡いただきました…ご迷惑をおかけしました…)

子供の夢が詰まりまくった鉄道博物館ですが、大人にとってもめちゃくちゃ楽しい。

子供のころ好きだった0系新幹線が入ってすぐのところに展示されているのだけど、

たぶん息子以上に僕が興奮してた。

あと、下の写真のディーゼル機関車、昔、母がたまに連れて行ってくれてた

大阪の交通科学館から移設されてきたものだと知り、

僕自身約30年ぶりの再会かと思うとぐっとくるものがあった。

その他にも、もはやレトロな電車がたくさん展示されていたり、

電車の仕組みを分かりやすく勉強できたりして本当に楽しかった。

息子は数分おきに「カーンカーンカーン」と鳴って遮断機が下りる踏切に夢中になって、

サイレン鳴るたびに踏切行ったり、(軽く10回は踏切渡らされた…)

プラレールコーナーで遊んだり(1時間はここで遊んだぞ…)、

楽しんでくれたようでよかった。

京都鉄道博物館、また行きたいです。

2018-11-25 | Posted in 13.京都No Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA