風の教会

六甲ミーツ・アートの先行展示で普段は非公開の安藤忠雄「風の教会」が

限定公開されているので早速見学に行ってきました!

 

六甲山までは車で行ったのですが、

海、都会を走っていたかと思いきや、神戸大学あたりを抜けると完全に山。

ほんの15分ほどで景色がガラッと変わります。

海も山も、都会も自然もある神戸、やっぱりいいなー。

 

九十九折りの山道を抜けて、ようやく六甲山頂に到着。

六甲スカイヴィラに車を停めて、少し歩くと「風の教会」に到着です。

「風の教会」は2007年まで六甲オリエンタルホテル内にあって、

自由に見学できたそうなのですが、同ホテルの営業終了により見学不可に…。

そんなわけで、ずっと見てみたいと思いつつ、なかなか願いが叶わなかったのですが、

今回限定公開されることになったのでした。

 

うれしすぎて泣ける…

 

教会内部はとてもシンプルなのですが、1986年竣工(僕と同い年!)とは思えないほど、

洗練され、時代を感じさせません。

光の使い方が、さすがすぎる。

安藤さんのこういった教会や住宅等の小規模建築が特に好きです。

限られた空間に光をうまく取り入れることで、

狭い空間が無限の宇宙のように感じられるときがあります。

最近の安藤さんは大規模建築が中心だけど、

住宅等の小規模建築中心に回帰してほしいなーと思ったり。

 

「風の教会」はまだまだ11月25日(日)まで公開されているので、

ご興味のある方は是非!

安藤忠雄「風の教会」限定公開

 

「風の教会」を見学したあとは、山から都会へ。

モザイクの「びっくりドンキー」へお昼ごはんを食べに行きました。

(すでに夕方の16時近くだったけどね)

昔から大好きなモザイクのびっくりドンキー。

何がいいって、窓際の席から神戸港が一望できて最高なところです。

展望料を上乗せしてもいいんじゃない?って思うくらい。

妻と付き合ってたころから何度も来たなー。懐かしい…

ごはんのあと、ミッフィー大好きな息子と阪急電車大好きな僕のために、

ミッフィーのお店にミッフィーと阪急電車の限定コラボグッズ買いに行ったり、

(もうほとんど売り切れでステッカーしか買えなかったけど。泣)

レモネード飲んだりしてモザイクを満喫しました。

 

それから芦屋や宝塚あたりをドライブして帰宅。

 

とても楽しい1日でした。

そして骨折でしばらくどこにも行けなかった妻も気分転換になったようでよかったです。

2018-08-26 | Posted in 06.建築, 16.神戸No Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA