陶板名画の庭

先日、息子の子守がてら、京都・北山にある「陶板名画の庭」に行ってきました。

なんとここへやってくるのは10年ぶり

時の流れの速さにマジでびびります…。前来たときはまだ学生だったなんて…。

この屋外美術館では、陶板で作られた「最後の晩餐」や「最後の審判」などの

名画8点を鑑賞することができます。

そして建物の設計は安藤忠雄氏。

空間を味わうだけでもとても楽しい。

ここで僕が今回一番見たかったのがこの作品。

どーん!

ミケランジェロの「最後の審判」。

ヴァチカンのシスティーナ礼拝堂で見たときから大好きな作品です。

システィーナ礼拝堂には3回ほど行ったけど、混んでてゆっくり鑑賞できず…。

レプリカだけど、ここでは細部までじっくり見ることができるし、

スケールの大きさも味わうことができてとても満足です。

 

何より満足というか驚きなのが、ここ「陶板名画の庭」の入場料…

なんと大人1名、100円です。

 

もう最高と言わざるを得ません。

2018-01-25 | Posted in 02.アート, 06.建築, 13.京都No Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA