ロッジ山

先週は義父と義妹夫婦と小旅行。

滋賀県の最高峰、伊吹山の2合目あたりにある「ロッジ山」さんへ行きました。

伊吹山の麓にあるファミマで宿のご主人と待ち合わせして、

そこから軽トラに導かれて宿に向かいます。

案内がなかったら「この道で本当にあってるのかよ…」と不安になるような

杉の密林に覆われた細い山道を約20分ほど走って到着。

 

すごく景色いいし、空気もきれい!

これはもう最高と言わざるをえない…。

絶賛仕事で行き詰まり中なので、めちゃくちゃ癒される…。

「あー最高!これでビール飲めたらもっと最高!」

というわけで到着早々にビールいただきました。幸せ…。

息子もずっとゴキゲン野郎でありがたかった。

松井さんご夫婦が営む小さな宿で、すごくあったかい雰囲気。

泊まりに来てたもう一組のご家族もいい方たちだったなー。

 

夜景もきれい。

次の日の朝。

カラスの鳴き声で5時前に目が覚める。

とりあえずミントティーを入れて、外のベンチへ。

まだみんな寝静まってて、虫の声しか聞こえない。

山の朝の空気はまだひんやりしてて、とても気持ちよかった。

朝からこんなにゆっくりぼーっとするの久しぶりだったなー。

 

8時から朝食を食べて、チェックアウトの時間までしばらくだらだら。

食堂に置いてあった高田純次の「適当論」を読んでると、こんな文章があった。

◇仕事が楽しくない人へ
仕事が楽しくないときは、楽しくするしかないんじゃないかな。
どうするかは分からないけど。

て、適当すぎる…!

でも、本当に楽しくするしかないよね。

そういえば僕の座右の銘は、

「おもしろきこともなき世をおもしろく」だったわ…。(座右の銘を忘れがち)

そんなわけで一泊二日の小旅行で思いっきり癒されて、

次の一週間は高田純次の言葉を胸に仕事を頑張りましたとさ。

それにしてもロッジ山さん、最高によかったなぁ。

また絶対に行きたい!

 

↓「d design travel SHIGA」でもロッジ山さん紹介されています。

2017-07-15 | Posted in 17.国内旅行No Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA