クリスマスイブ

img_5835

クリスマスイブは父、弟、弟の彼女、そしてうちの家族で過ごしました。

息子が生まれて以来、ずっと行きたくても行けなかった念願の焼肉へ行って、

それから久しぶりに実家へ。

実家へ行くと、玄関にはクリスマスリースが飾っていて、

廊下やリビングにもクリスマスの飾り付けが。

どれも僕が子供のころから使ってたものなので懐かしくなった。

父がこんな飾り付けを上手くできるなんて知らなくって感心してしまった。

クリスマスの時期になると毎年飾っていたクリスマスツリーは、

掃除に時間がかかって用意できなかったと悔しがってたけど、よく頑張ったよ。

母が亡くなって3年がすぎて、父がだいぶたくましくなってきた。

以前は影を引きずりまくってたけど、少しずつ薄らいできてる。(気がする)

「結婚指輪も、もう外したよ」と言っていて、

「なんで外したん!?」と言ってしまったけど、それは正解がない難しい問題だ。

なにはともあれ、今は孫にデレデレの父。

実はインドア派草食系男子と思われがちな僕ですが、

父は結構ワイルドなアウトドア派で、僕は2歳で雪山登山に連れてかれ凍傷になりかけるなど、

割とハチャメチャなことをされてきたので、孫には無茶しないよう念を押しといた。

(その反動で僕は草食系男子になったのかもしれない…)

 

弟カップルはまだ二人とも学生なのに、付き合ってる期間が長いからか、

キャッキャしてなくて、むしろ夫婦を越えていっちゃった感すらあって、とても良かった。

二人は夕方まで奈良公園でデートしてたそうだけど、

いつも観光客で溢れかえってる奈良公園も、さすがにクリスマスイブは閑散としていたそうだ。

そりゃそうだ。

そんな二人から息子はクリスマスプレゼントに鹿(トナカイかも)の帽子をいただきました。

帽子を被った息子はもはや「せんとくん」にしか見えなかったけど、とても似合っていた。

息子はまだクリスマスなんて何か分かってないけど、

とりあえず息子を囲むみんなが笑っていてよかった。

2016-12-26 | Posted in 01.日常No Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA