ミラノ 霧の風景

IMG_7766

イタリアへ初めて行ってからちょうど10年になるので、

改めて10年前に書いた「イタリア旅行記」を読み返してみると、

「なんか楽しい感じに書いてるけど、実はもっと辛い旅だったよね」と反省して、

あのとき感じたことをリアルに書こうと思い、再び書き始めたイタリア旅行記。(暇か)

そんなわけでちょいちょい10年前の記憶を遡っていると、

昔、飛行機の中で読んだ須賀敦子さんのエッセイを読みたくなって、

「ミラノ 霧の風景」という、まだ読んだことのない須賀さんの作品を買った。

まだ半分くらいしか読んでないけど、美しく、淡々と、静かな文章で、

イタリアの日常が生き生きと綴られていて、どんどんページをめくってしまう。

自分が体験したわけではないのに、なぜか懐かしさを感じてしまう。

特に「ナポリを見て死ね」というナポリ探訪の話が面白かった。

2016-08-28 | Posted in 09.書籍・雑誌No Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA