イタリア旅行記(17)~最終回・世界は幻じゃなかった編~

9月9日。

日本へ帰ってきて・・・

飛行機の窓から見える日本の景色に感動。

出迎えてくれた日本人の美人スッチーに大興奮。

(なんでみんな美脚なん!?)

ケータイが圏外じゃないことに感動。

(メールくれてた人ごめん)

親切な日本人税関員に感動。

まわりが日本人だらけってことに感動。

(違和感さえ感じた)

聞こえてくる関西弁に感動。

空港のコンビニで買った緑茶の味に涙。

(ずっと飲みたかったよー)

おつりもらう時に

「グラッツィエ」

って言いそうになる自分に驚き。

スリを気にせずにショルダーバッグを

後ろに下げられることに感動。

ポケットの中に物を入れれることにも感動。

金を騙し取ろうと話かけてくるやつが

いないことに感動。

かなり遅れて紀子様ご出産を知り感動。

ほんと普段なんでもなかったことがかなり新鮮に感じた。

たった1週間とちょっとだけ日本を離れただけで、

まさかこんな心境になるなんて思ってなかった。

外国に行って気付いたけど、

日本はかなりいい国だよ。

みんな日本に誇りを持とう!!

イタリア旅行を振り返れば・・・

ミサンガを無理やり腕に巻かれそうになったり、

(これ実は4,5回ある)

ハトのえさを無理やり一握り約3000円で

買わされそうになったり、

道端でグッチのバッグを買わされそうになったり、

(もちろんニセモノ)

なんか意味わからんことで本屋の店員にキレられたり、

ヴェネチアで海に落とされそうになったり、

(これは事故)

フィレンツェの街で激しく道に迷ったり、

ローマで娼婦につかまったり、

(もうちょい金があれば・・・)

いろいろトラブルもあったけど、

一方でいろいろな人で出会えることが出来たし、

人の温かさに触れることもできた。

今回の旅の目的であった

“ヨーロッパの芸術作品、建築物を生で見る”

ってのも充分に達成された。

はじめに訪れた街、ミラノで今まで写真でしか

見たことのなかったドゥオーモを見たときの感動は

一生忘れないと思う。

あのときほんとに

「世界は幻じゃなかったんだ」

って強く思った。

かなりイイ経験できたよ。

もしかして男のレベルあげたかも。

(あがってないよ)

また行きたいな、イタリア。

イタリアって国は遥かかなた約1万キロ離れていて、

時速900kmの飛行機でも13時間もかかる

遠い遠ーい国だけど、

今日もあの国は確かに存在してるんだよね。

あの国では今日もいつもと変わらない日常が

繰り広げられてるんだよね。

なんかこのことがちょっと不思議(俺って変?)

まぁ、つまり俺にとってあの国は

夢ような国ってことでしょうか??

数年後、絶対また行ってやるぞ!!

さて、イタリア旅行記は今日で終わり。

今まで読んでくれた皆様、ほんとうにありがとう!!

『イタリア旅行写真館』を作ってみたので、

よかったら見てください。

未公開画像満載です(笑)

サイドバーにあります。

2006-09-28 | Posted in 18.イタリア旅行記2 Comments » 

関連記事

コメント2件

 K谷 | 2006.09.29 19:13

最近全然書き込みがなくてかわいそうなので書き込みますwww
イタリア旅行記、生々しくてすごくよかったですよww
写真いろいろアップしてあるの初めて気づきました!見やすくていい感じですよね♪写真も綺麗なのが多くてなごみます♪♪解説もついてて最高ですね♪♪♪イタリアの様子がすごくよくわかります♪♪♪♪デジカメください♪♪♪♪♪
いつか塩g先輩と海外旅行行きたいと思いましたwwちょっとだけww

 塩G | 2006.09.30 0:33

>>K谷君!!
コメントありがとうございます☆
でも僕はKくんといっしょに海外行きたいなんてちっとも思いませんww
絶対トラブル起こしまくるもんね、お前はww

Comment





Comment



CAPTCHA