イタリア旅行記(15)~ヴァチカン市国に入国編~

9月8日。

いよいよ帰国する日。

朝早くに帰国のために荷物をまとめ、

そのあとはまた地下鉄でローマの中心部へ。

今日の行き先はヴァチカン市国。

ヴァチカン市国といえば、世界最小の独立国でカトリックの総本山。

ちなみに面積は0.44k㎡。

これは皇居よりも狭いのです。

そしてCIPRO-MUSEI VATICANI駅で降り、

いよいよ国境の白い線を乗り越えて、ヴァチカン市国に入国。

CIMG2790

まぁ、前日、何気にヴァチカン博物館入るために

ヴァチカンに入国してたんやけどね。

でもやっぱり国境を自分の足で乗り越えると、入国したぞって気分になる。

ちなみにヴァチカンに入国するのにパスポートは不要。

知ってた??

さて入国を果たした俺は真っ先にサン・ピエトロ大聖堂(上の写真)へと向かう。

(てかそれ以外いくところがない

中に入るとその壮大さに息を呑んだ。

CIMG2795

思わず、ワンダフォー!!って言いそうになった(欧米かっ

ミケランジェロが設計したクーポラの高さは132.5m。

直径は42m。

その巨大なクーポラを支える4本の柱に描かれているモザイク画も超ビッグサイズ。

画中の預言者が持つペンの大きさが、なんと2mもあるんだって!

上の写真でいうと、上の方にある2つの円の右のほうに描かれているのが預言者。

よく見るとペン持ってるね。

あれが2mもあるなんて、びっくりです。

サン・ピエトロ大聖堂の中を3,40分ほど回ったあと外へ出ると、

かの有名なスイス衛兵発見!!

CIMG2800

さて、なぜスイス衛兵って言うのかというと、彼らがスイス人だからです(そりゃそうだ

ではなぜスイス人がヴァチカンを守ってるのかというと、

きっかけは今から500年前にあります。

1505年にユリウス2世がスイス人の私的衛兵隊を設置しました。

1527年の“ローマ略奪”で最後まで教皇を護衛したのもスイス人兵だったから、

今もスイス人が従事してるんだってさ。

すごい歴史を持ってるんですね。

ちなみにあのカラフルな制服はミケランジェロがデザインしたそうです。

ミケランジェロはほんまいろんなことしてるなぁ(笑)

CIMG2801

さてヴァチカンを出たあとはローマへの再訪を願いにトレヴィの泉へ。

2006-09-27 | Posted in 18.イタリア旅行記No Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA