ブリザード

ここ一週間、腸炎ぽい症状に苦しんでる僕です。笑

やっと落ち着いては来たんですが、

ほんと高熱出るし、下痢はひどいし、

歩いてたら前方不注意で電信柱にぶつかるしで散々でした\(^o^)/

ま、ようやく落ち着いてきましたゆえ、

いまさらですが、年末年始のことでも書きますよ。

さて、みなさん、年末年始のことって覚えてますか??

年末年始は天気が大荒れでしたねー。

風はすごいし、雪はめっちゃ降るしで、

ずっとうちで過ごしてたって方も多いかと思います。

そんな中、僕はみなさんの予想を裏切って、

宣言通り親父と真夜中から登山に行って参りましたよ◎

愛媛にある石鎚山という山に。

石鎚山って実は西日本で一番高い山でして、その標高は1982m。

天気は大荒れと聞いてましたゆえ、ヒートテックインナー2枚、シャツ1枚、

セーター3枚、コート1枚、登山ウェア1枚という装備で行ってきました。

 

これだけ厚着すれば大丈夫!と思ってたけど、

登り始めた地点ですでにマイナス8度。

Img_8085

厚着しすぎたかもって心配は無用でした\(^o^)/

山頂付近はマイナス15度くらいだとか。

でも、いつかフィンランドのサンタ村に行くという夢があるので、

これくらいの寒さでヘコたれてはいけません。

なんせフィンランドは港町のヘルシンキでさえもこんな気温…!

Img_7392

山間部になると、想像を絶する寒さにちがいありません。

そういやフィンランドにオーロラ見に行った友達は、

マイナス40度を体験したとかしないとか…。

マイナス8度とか超あったかいし◎

…なわけねぇ。笑

そんな中、登山を始めたわけですが、

初っ端から吹雪で顔とか露出してる部分が痛い(;д;)

首からさげてた一眼レフも一瞬で氷の塊みたいになってしまいました。

(つぶれなくてよかった…)

Img_8090

風はゴオゴオとなって、木は雪の重みと風でキシキシ軋み、

自然に畏怖の念を抱かずにはいられませんでした。

そんな中、頭の中では松任谷由実の「BLIZZARD」が

ヘビーローテーションしてしまいまして、

たぶん、山を下りるまでに100回は脳内再生したと思います。笑

神社のあるあたりまではライトがあって割と明るかったのですが、

そこから先はまっくらの世界。

足元を照らすライトのみが頼りの世界です。

でも、一歩足を踏み外すと奈落の底へ…という箇所も少なくなく、

ぶっちゃけ笑えないほど恐怖の世界でしたよ☆←

そんな中を歩くこと数時間、ようやく夜明けが…!

これほど夜明けが嬉しいことはなかったのですが、

曇っていて初日の出は見ることができず、

また夜明けまでには頂上に着いている予定だったのに、

雪が深すぎてなかなか進まず、まだ8合目あたりっていう。。。

でも、めげずに頂上を目指します!

P1010006

しかし、上に行くにつれて、吹雪はますますひどくなり、

雪の深さも1メートルほどに達し、雪に足を取られてなかなか前に進みません。

寒すぎてまつ毛も鼻水も凍っておりました。(ほんとだよ!)

Img_8106

夜明けから2時間ほど歩いても頂上へは着かず、

登山マスターの親父がこれ以上は危険と判断したので、

泣く泣く頂上までは行かず、途中で下山しました(ノω・、)

ほんとあと少しで頂上だったんだけどなぁ。

でも、下山し始めてちょっとすると、急に空が晴れてきたりして。

山の神さま、性格悪い。笑

Img_8126

帰りはさっきまで苦しくて仕方なかった急な山道を、

親父といっしょにすべり台のようにすべって下ったので、超楽しかったです。笑

Img_8143

おかげで帰りは2時間くらいで下山できました☆

冬の山登りはほんましんどかったけど、ほんといい経験ができました。

自然のすばらしさとおそろしさを肌で感じることができたし、

大げさやけど下手したら死ぬかもしてないと感じることで、

当たり前になってる大切な人たちに囲まれた何気ない日常が

本当に幸せなもので、もっと大切にしなきゃなーって感じました*

いろんな人に反対されながら、強行した登山でしたが、

行って本当によかったです。

次は必ず頂上まで行くぜよ。

2011-01-23 | Posted in 17.国内旅行No Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA