北欧旅行記(3)〜ストックホルムまち歩き編〜

6月15日。

ガムラ・スタンから橋を渡ってシェップスホルメン島へ。

橋から見たガムラ・スタンがすごくきれい。

IMG_5842

シェップスホルメン島はゆっくり歩いても30分くらいあれば一周できてしまいそうな小さな島。

16世紀頃は王室の保養地として、17世紀には海軍基地として使われてたみたい。

現在は、海軍に使われていた頃の建物を改修した美術館が建ち並ぶ芸術の島。

橋を渡って島内に入ると小さな広場があり、若者の憩いのスポットのようになっていました。

IMG_5846

緑豊かでとてもいい雰囲気。

人も少なく、静か。

美術館には行かなかったけど、小型船舶がたくさん停まる海沿いを歩いたり、

島から見えるストックホルムの街並みを眺めるだけで、とても楽しかった。

 

シェップスホルメン島でしばらく過ごしたあと、海沿いの道を歩いてセーデルマルム島へ。

IMG_5867

ほんのり磯の香りがする潮風がとても心地良い。

ストックホルムがこんなにいい街だとは思ってなかった。

IMG_5870

IMG_5874

IMG_5884

しばらくすると、少し歩き疲れてしまったので、途中から地下鉄で移動。

セーデルマルム島に奥様が行きたいお店があったので、

グーグルマップを頼りに閑静な住宅街を歩く。

IMG_5887

かっこいい赤いビル。1階には奈良コープ。

IMG_5890

小さなデザイン事務所やアトリエがちらほらあるエリアに到着。

お、このあたりにありそう!

…と思いきや、なかなか見つからない目的のお店。

このあたりのはずなんだけどな~、とグーグルマップを何度も見る。

何度見てもこのあたりのはずで、でも周囲の通りも歩いて探してみるも見つからず…。

結局最後まで見つかりませんでした…がーん。

つぶれてしまったのかしら…?

 

気を取りなおして、もうお昼なのでランチにしよう。

地球の歩き方先生に聞くと、この近くにKvarnen(クヴァルネン)という

ランチがお手頃価格のお店があるとのことだったので、迷わず行くことに。

IMG_5898

1908年創業の老舗レストランなだけあって、店内はとてもクラシカルな雰囲気。

IMG_5895

 

ランチは飲み物、メイン料理、サラダ、食後のコーヒーがついて93SEK(約1,600円)。

IMG_5896

値段のわりに(スウェーデンではかなりお手頃価格)とても美味しくて大満足!

昨晩、スーパーでサンドイッチ2個とサラダに2,800円も払ったのは一体何だったのか…。

飲み物の選択肢にビールがあるのもありがたかった。

でも、ビールと言ってもライトビールというアルコール度数が低めのビール。

スウェーデンは飲酒と喫煙にすごく厳しくて、

低アルコールビールならスーパーで安く買えるけど、

普通のアルコール度数が5%くらいのビールは政府直営のお店でしか買えないし、

お値段も333mlの缶ビールで500円くらいとかなり高め。

タバコも1箱800円くらいするそうで、吸える場所もごくわずかだそうな。

そういえば他の国に比べて歩きタバコとかしてる人も見かけなかった気がする。

 

会計を済ませ、レストランを出ると目の前には素敵な公園が。

IMG_5916

最近、年をとったのか公園がやたらと落ち着くようになった。笑

公園でぼーっとするのとかすごく幸せ。

 

キックボードのテクニックがめっちゃすごい少年。

IMG_5900

写真で見るよりもこの凹んでるところ、ずっと深いし傾斜も急なんですが、

全然怖がることなくびゅんびゅん走りまくってました。IMG_5901

木の棒でモグラっぽい置物と戦う赤ちゃん。

IMG_5907

一人で戦って、なぜだか一人で敗北して、また戦いを挑んでました。かわいい。

 

クマの置物と写真を撮りたがる奥様。好きそうなクマだね。

IMG_5914

公園に癒されたあと、ストックホルムの中心街へ行き、デザインショップをめぐります。IMG_5926

頭上の青と白の平行線がなんかいい感じ。

IMG_5923

まず目指すのは「デザイン・ハウス・ストックホルム」。

家具や照明、雑貨が揃うデザイン・ショップだそうです。

地図と格闘しながら、なんとかお店のある場所に到着。

…が!とても残念なことにお店のある場所が絶賛工事中…。無念すぎる…。

 

今度は気を取り直して中央駅の近くにある「デザイン・トリエ」へ。

しかし、またしてもない!マジかよ…

あった形跡はあったんですが、お店はどうにもこうにも見当たらなかった…泣

行きたい店にまったく行けないストックホルムの旅…。

IMG_5927

 

さ、またまた気を取り直して。

絶対に行きたい場所のひとつだったストックホルム市立図書館へ。

IMG_5952

ちゃんと開館してて一安心。

IMG_5955

設計は北欧モダン建築の父、グンナー・アスプルンド。

エントランスの階段を上り、円形のホールに入ると、360度全てが本!どーん!

IMG_5957

 

これは本当に感動的な光景でした。素敵すぎる…泣

装丁のデザインがいい本がたくさんあって、

何が書いてあるかはまったく分からないけど、

本を見ながらぐるりと一周するのがとても楽しかった。

IMG_5960

 

図書館のあとは一旦ホテルに戻って、しばらく仮眠。

ずっと歩いてるとやはり疲れるね。

3時間ほど寝たあと、奥様に起こされて晩御飯を食べに再びガムラ・スタンへ。

大聖堂の近くのKaffegillet(カフェジレット)で晩御飯。

IMG_6013

 

スウェーデンの伝統的な家庭料理をいただけるお店。

IMG_5996

僕はミートボール、奥様はスモークサーモンを注文。

ミートボールってお弁当とかに入ってるようなものを想像していたのですが、

肉の味がしっかりした全然違う食べ物でした!うますぎる!

付け合せはマッシュポテト。ベリーソースと一緒に食べたら、めっちゃおいしかった!

 

こうして静かに食事をしていると、10分くらい前に帰ったおじさんが、

「iPad忘れた!」とお店に戻ってきて店内軽くパニック。笑

どこを探しても見つからないし、おじさんがうっかりバケツの水をひっくり返すし、

もう、てんやわんや。

そして、なかなか見つからない。

15分くらいして、おじさんが、

「もしかしたらメニューに挟まってるかもしれない…」と言い出して、

密かに、

「いやいや、それはないやろ。店員さん片付けるときに気付くやろ」と思ったけど、

まさかの本当にメニューのあいだから出てきてびっくり。笑

メニューみたいに黒いカバーをして、

厚みも大きさもメニューとほぼ同じiPadが出てきました。

さすがにワロタ。笑

「食事中にお騒がせして悪かったね」と言って、嬉しそうにおじさんは去っていきました。

いえいえ、本当に見つかってよかったよ。

 

食事のあとはまたリッダーホルム教会行ったり、海を眺めたりしました。

IMG_6047

夕暮れ、といっても、もう22時近くのストックホルム。

まだ明るいけど、ホテルに戻って眠ろう。

 

つづく

2015-07-19 | Posted in 29.北欧旅行記No Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA