パリ・バルセロナ旅行記(10)~パリジャン注目のbento編~

7月9日。

シャルトルからパリへ戻るとあいにくの大雨。

IMG_8326

「こんなときは美術館だね」というわけで僕がパリで一番好きな

ポンピドゥー・センター(国立近代美術館)へ行きました。

パリは雨でも見るところがたくさんあって本当にありがたい。

20歳くらいの頃はルネサンス期の絵画が好きで、

「現代アートは意味不明!悪!」と思ってたけど、今では現代アートが好き。

建築もいっしょで昔は装飾の多い19世紀くらいまでの建築が好きで、

「コルビュジエは悪!」と思ってたこともあったけど、今では現代建築も好きです。

ポンピドゥー・センターでは運良く僕が好きなマン・レイの展示をやってました。

IMG_8296

マン・レイの展示はすごくこじんまりしてたけど、なかなか日本で作品を見る機会はないので、

本当にこれだけでも来た価値がありました。

奥様は参加型展示作品に文鳥のイラストを描いてご満悦な様子。(世界的文鳥布教活動…)

IMG_8304

あとすごくミーハーだけどグルスキーの作品がたくさんあったのもよかった。

IMG_8317

ミーハーだけど。

ポンピドゥー・センターを出ると、空はまだまだ明るい。でも、もう20時すぎ。

夏のヨーロッパの1日は本当に長い。

晩御飯をいただきに北マレ地区にある「Nanashi」というお店に行きました。

IMG_8332

いまパリっ子のあいだでもすごく流行っているお店らしい。ほぼ満席。

どんなお店かというと、なんと日本のbento(弁当)が食べられるお店。

全然知らなかったけど、bentoって世界共通語にもなってるらしいです。

肉、魚、野菜の3種類の中から弁当を選べます。僕は肉を注文。

IMG_8355

なんか日本の弁当とは違うけど…うまい!

おにぎりと味噌汁も注文。

IMG_8340

おにぎりは酢飯が使われてて、日本のとちょっと違うけどうまい!

味噌汁はどんぶりに入ってて、すごく量が多いけど、

本場日本の味噌汁に負けないくらいおいしかったです。

(ここだけの話、うちの会社の食堂の味噌汁と比べたら100万倍おいしかった)

しかし、おにぎりは1個3ユーロ、味噌汁は1杯6ユーロとなかなか高い!

店内には日本らしくキリン一番搾りが山積み!

IMG_8333

 

一番搾りは好きですが、日本でいつも飲んでるので、僕はフランスのホワイトビールを注文。

IMG_8346

ホワイトビールおいしかったけど、やはり日本食とは合わなかったよね。。。

枝豆を食べながらワインを飲むマダム。

IMG_8339

 

パリのマダムは枝豆食べててもシャレオツですね~。

パリでは何度か日本食にチャレンジしてきて、どれもなかなか残念な感じでしたが、

Nanashiは本当においしかったです。

是非、パリに行かれた際は行ってみてくださいね◎

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA