イタリア旅行記(3)~ミラノでの出会い(後編)~

高橋さんご夫妻とお別れしたのが昼の12時ごろ。

で、待ち合わせの時間が夕方の6時。

まだまだ時間があるぞ!ってことで歩いて

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会へ向かうことに。

ここにダ・ヴィンチの『最後の晩餐』があるのです。

予約すんの忘れてたけど、

いい加減なイタリア人は1人ぐらい大目に見てくれるだろう

という根拠のない自信を持って、また

てくてく。

てくてく。

2,30分ぐらい歩いてようやく到着。

で、さっそく交渉開始。

とりあえず係員に英語で話しかけてみる。

オレ「あの~『最後の晩餐』見たいんですが・・・」

係員「予約番号お願いします」

オレ「Sorry・・・実は予約してないんですが・・・見れません?」

係員「無理です」

オレ「・・・・・・・どうしても?」

係員「無理です」

「一人ぐらいええやん」

って言ってやりたかったけど、

英語が思いつかなかったから諦めた(悔しい・・・

で、ちょっとへこみながらも一旦ミラノのドゥオーモまで戻り、

歩いて10分ほどのところにあるブレラ絵画館へ行くことにした。

※ブレラ絵画館については次回!

ブレラ絵画館を出たら6時ぐらいだったので

待ち合わせ場所のガッレリーア・ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世

(ながっ!!)のアーケードへ行くことに。

CIMG2654

このドーム型の天井の真下で待ち合わせ。

ちなみにこのアーケードの中にはヴィトンやグッチ、プラダの本店などがあります。

CIMG2616

でもって合流したあとは近くのレストランへ。

レストランでパスタ、ピザを食べながら3人でおしゃべり。

さっきまでずっとカタコトの英語とイタリア語ばっかりしゃべってたから

日本語での会話がやたら嬉しく感じた。

しゃべってて知ったんやけど、旦那さんは27歳で奥さんは32歳なんだって。

「えっ!!?奥さん25ぐらいにしか見えませんよ!!」

って言ったら(お世辞ではなくマジで、

飯おごってもらえることになった(爆笑)

これで18ユーロ(約2700円)も得した(ニヤニヤ

さらに高橋さんご夫妻は映画『冷静と情熱のあいだ』を観て

イタリアが好きになり、新婚旅行でイタリアに来たらしい・・・

実は僕もそうなんです。

旦那さんが

「100%あの映画の影響やから!!」

とか

「明日フィレンツェ行ったら『冷静と情熱のあいだ』ごっこするから!」

とか

「ふ~ちゃん(奥さんのこと)と結婚したんは、

ふ~ちゃんもこの映画が好きやったからや!!」

とか言ってた(笑)

で、ふ~ちゃんは

「そんな理由で私と結婚したん!!?」

とちょっとキレ気味(やっぱり・・・

でも旦那さんがさらに

「ああ、そうやで」

って言っちゃう(えーっ

「離婚やーーー!!」

「宣戦布告か!ええで離婚やーーー!」

オレ「www」

いやー実の仲の良い新婚さんやった(爆笑)

夫婦漫才見てるみたいでしたわ。

実に楽しい夕食だった(夫婦漫才見れたし

いま思えば高橋さんの連絡先聞いとけばよかったな

と激しく後悔しています。

大阪市に住んでるらしいから、いつかまた会えるといいなー

2006-09-11 | Posted in 18.イタリア旅行記No Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA