伊豆の旅(4)~河津七滝・福田家編~

伊豆の旅3日目。

3日目は下田街道をさらに南下して河津七滝へ。

河津七滝は「かわづななだる」と読みます。

河津七滝に行く途中に走ったループ橋がめっちゃかっこよかった!

1024px-Kawazu_roopbridge03

(画像はWikipediaより)

走ってみたらグルグルしてて気分が悪くなりそうだったけどね…。

河津七滝はその名のとおり7つの滝が見ることができます。

まずは初景滝へ。

IMG_2156

ここに『伊豆の踊子』像があって、この滝が一番観光客で賑わっていました。

IMG_2151

ここから少し山道を行くと蛇滝があります。

IMG_2170

滝自体はそんなに大きくないけど、水がすごくきれいでした。

夏だったら飛び込みたい!(たぶんダメ)

さらに山奥へ入っていくと蛇みたいにうねうねした珍しい吊り橋があって、

そこを渡ってからしばらくすると釜滝があります。

IMG_2205 (2)

この滝は結構でかい!22メートル!

さらに奥まで行けるみたいだったけど、滝自体はここまでだったので引き返しました。

河津七滝の中では大滝っていう滝が一番大きいそうですが、

2011年9月の台風災害の影響で道が閉鎖中で行けませんでした…残念!

河津七滝のあとは車で少し走ったところにある湯ケ野温泉へ。

ここにある『福田家』という旅館へ行きました。

IMG_2236

今回の伊豆旅行で一番行きたかったのが、福田家です。

この福田家は湯本館とともに川端康成が実際に泊まった『伊豆の踊子』ゆかりの旅館です。

ここ福田家は200円で見学が可能◎

川端康成が泊まった部屋で『伊豆の踊子』を読む人。

IMG_2266

福田家は川端康成の資料館もとても充実してて、ファンとしては最高の空間でした!

伊豆 is サイコー!

福田家を最後に伊豆の旅は終了。

帰りは渋滞にひっかかって8,9時間かけてなんとか無事帰宅できました。

10年以上行きたいと思い続けた伊豆に行けて本当に幸せだったし、

実際に行ってみた伊豆は思ってたとおりとても良い場所でした。

次は川端康成『雪国』の舞台となった越後湯沢か、

石川さゆりの名曲『津軽海峡・冬景色』を熱唱しに津軽に行こうかな!

2014-12-28 | Posted in 17.国内旅行No Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA