伊豆の旅(2)~湯ケ島温泉編~

伊豆の旅2日目。

朝から派手に味噌汁をこぼしてしまって手を火傷。。。

IMG_1899

「これはしばらく手がヒリヒリするかも…」ってレベルの火傷だったけど、

ホテルの方がすぐに氷水を用意してくださって、まったく後に引きずりませんでした。

ありがたやありがたや。

 

この日は修善寺温泉よりもさらに南下して湯ケ島温泉へ行きました。

IMG_1925

湯ケ島温泉街も古き良き日本の風景が残ってて昭和にタイムスリップしたみたい。

IMG_1974

初めて来る場所なのにすごく懐かしさを感じた。

湯ケ島温泉には湯道という昔に村人が共同湯に通った遊歩道があって、

湯道を歩けば大自然を満喫できます。

IMG_1933

川のせせらぎが心地よいし、空気がとてもきれいだし、すごく気持ち良かった。

毒素全部抜かれました^^

IMG_1968

IMG_1963

湯道を抜けて最後に湯本館へ行きました。

IMG_1982

この宿は川端康成が『伊豆の踊子』を執筆した場所です。

「…湯ケ島の二日目の夜、宿屋へながしてきた踊り子が玄関の板敷で踊るのを、私は梯子段の中途に腰を下ろして一心に見ていた。」

というその梯子段がこれです。

IMG_1988

川端康成は上から5、6段目くらいに腰かけていたそうです。

お掃除中ということで中の見学はできなかったけど、

湯本館の玄関にお邪魔できただけでも川端ファンとしてはすごく感慨深かったです。

IMG_1992

伊豆 is サイコー!

 

次回はあの名曲のあの場所をめぐります。

2014-12-06 | Posted in 17.国内旅行No Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA