パリ・バルセロナ旅行記(7)~モンパルナスでの再会編~

7月8日。

ホテルの朝ごはん。

IMG_7791

シンプルやけど、パンがおいしくて満足。

この日は妻がゴッホの絵を見たいということでオルセー美術館へ。

オルセーはさすが朝から超超長蛇の列!

でも日本で密かにミュージアムパスをゲットしてたので、さくっと入場できました。

IMG_7794

オルセーが数年前に大改装してから初めて来たのですが、

中の様子ががらりと変わっていていました。

それに以前までOKだった写真撮影も禁止。

セキュリティーや手荷物検査もだいぶ厳しくなってたような…。

いろいろあるんでしょうな~。

新しくなったオルセーを迷い迷いしながら、ようやくお目当てのゴッホの部屋に到着。

ん?でも様子がおかしい…部屋が閉まってる…!

少しだけドアが開いていたので隙間から部屋の中を覗いてみると、

部屋の中は真っ暗で確かにゴッホの作品が並んでる…

でも、中に入れない\(^o^)/

妻はゴッホの『星降る夜』が見たくてパリに来たのにまさかここまで来て見れないっていう…。

絶望的な気分に陥った妻がオルセーの職員さんに事情を聞くと、

「昨日までゴッホ展をやっててその片付けが済んでないんですよ」とのこと。

昨日までゴッホ展やってたのかよ、タイミング悪っ。

でも、「近日中に再開予定です」とのこと。

ふー、よかった…。

そんなわけで後日またオルセーを訪れることにして、

セーヌ川沿いを歩いてシテ島に向かうことにしました。

僕が好きなポン・デザールを渡っていると、橋の欄干の金網がいつしか南京錠だらけに…。

IMG_7831

ここ最近流行ってるらしく、今年の6月には南京錠の重みで金網が崩れて

橋が一時閉鎖したんだって…。

南京錠に永遠の愛を誓って別れたカップルがどれほど…(以下省略)

そんなことを思いつつ、シテ島に着くとノートルダム大聖堂の前に

小鳥がたくさん集まっていました。

IMG_7841

どうやらおじさんが小鳥にエサをあげてるらしい。

小鳥大好きな妻はもちろん大興奮。

エサをおじさんからもらった女の子に小鳥が群がって大変なことになってた。笑

IMG_7833

シテ島をもっと楽しみたかったけど、約束があったのでメトロに乗って、

モンパルナスへと向かいます。

IMG_7854

モンパルナスで実は妻の友達のひろみちゃんに会うことになってたんです。

(会うことになったのまさかの前日っていう…)

ひろみちゃんとは僕も一度京都で会ったことがあったので今回は2回目。

フランスの方と結婚して今はフランス暮らしです。

「次はパリで会おうね~」と言ってたのが、まさかこんなに早く実現するとはね~。

モンパルナスのギャラリー・ラファイエット合流したあと

「クレープリー・ド・ジョスラン」というクレープ屋さんへ行きました。

IMG_7877

クレープと言っても日本みたいなスイーツではなく、

そば粉の生地の中にハムやチーズが入ったお食事クレープです。

クレープの本場はブルターニュ地方なのですが、

モンパルナスを歩いているとクレープのお店ばかり。

ひろみちゃんによるとモンパルナス駅には

ブルターニュ地方行きのTGV(フランスの新幹線)が発着するからだそうです。

「クレープリー・ド・ジョスラン」はモンパルナスの中でも人気の店らしく、

いつもすごい行列らしいです。(地球の歩き方にも載ってた)

僕らは運良くすぐに店に入れたけど、

入店してからちょっとしたら外にすごい行列ができてました。

人気店のクレープだけあってものすっごくおいしかったです!

IMG_7872

あとクレープにはシードル(リンゴ酒)らしく、これもめちゃくちゃおいしかった。

食事をしながら、ひろみちゃんにフランス暮らしの大変さを色々聞いて、

やはりフランスには住めないなと思いました。笑

旅行で行く分には最高の国だけど!

食事のあとはサン・ジェルマン・デ・プレの薬局へ行くひろみちゃんと

行く方向が一緒だったので途中まで一緒に歩いて行って薬局の前でバイバイ。

IMG_7889

サン・ジェルマン・デ・プレは初めて来たけど、とても良い街。

IMG_7891

天気も良いしサイコー!

しかし、このあと僕らを地獄が襲うということは知る由もないのであった…。

つづく。

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA